ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪戯にではなく  by五味たろう


僕が不幸体質なのか、周りが不幸体質なのかはわからないけど

あるいは僕が被害者意識が強いだけかもしれないけど

僕の周りの人は病気する。

公演を打てば何かしらのトラブル。ひどい時は降板。
僕はひたすら悲しい気持ちになる。怖くて心配で。

当時はそれでも頑張ってもらおうとか、なんとなしに何にもしてこなかったけど、今の僕は少し機転がきくようになったのか「できること」をやってもらっている。

アップでは助手の山中を筆頭に森岡と白井が指導にまわってくれるから僕が稽古できちゃうのだ。

これは嬉しい。心から嬉しい。幸せだ。


何より、やっぱり楽しいんだね、演劇は。自分を解放する瞬間は。


まだ僕はリハビリって感じで、起伏のコントロールまで手を出さず、信条にしている「上手くやろうとしない」「0に戻す」「忘れる」を重きにおいて、流れのまま体を預けている。

皆が「暗い部屋」といっているのはエチュードのようなもんです。設定的には調度今映画でやっている「インシテミル」に似てるのでしょうか。指導側がゲームマスター(ルームマスター)となり様々な設定や指示を出していきます。アクター側はそれを素直に演じるだけ。ゲームマスター次第なところもあるし、役者次第なところもある。

楽しいですよ、本当に。見学、いや、ノリで参加してみてください。こればっかりは飽きません。僕は演劇を飽きさせません。


もし演じることに悩む役者さんがいるのなら身をもって全身全霊で伝えたい。思い出してほしい「ああ、演劇楽しいから始めたんだった」って気持ちを。



ウチに帰ってそれぞれのキャラクターを演じてみたりする。前より上手くセリフを言えている気がした。
結局は気持ちの問題だからね。

僕の作品は基本的にコメディの演出だけど、元素になっているのは“傷み”で。それはとっても浅くてくだらないかもしれないけどとても痛くて沁みたりする。僕の作品に携わる人は皆、人の傷みがわかる人だ。人の傷みに悲しくなって、人の幸せを願える人達だからきっとうまくいく。

心がボロボロなのも、体がボロボロなのも、現実が甘くないのも全部糧。ありあまる負のエネルギーだって舞台に出しちゃえばいい。


さあ、頑張ろう僕。無理しないでね。

スポンサーサイト

<< グッドステータスでもありバッドステータスでもある     by山下  【BACK TO HOME】  普通でごめんね >>


◆ コメント ◆

「」


本当に申し訳ない。体調を崩してしまって。必ず遅れた分以上を取り戻すからぁ!!頑張るんだからぁ!!うぇーあ!!!!(o>□<)o

今日病院行ったから!!結果健康だったから!!!!


「」


いえいえー

できるペースで行きましょう。
遠回りして見えたもの、感じたことがあるハズですし走らなくても大丈夫でしょう


「」


立ち上げで掲げてたジャンク堂のコンセプト、実現したらいいだけです。(`・ω・´)

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。