ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この寒空の雨の降る空の下で僕はあと何回春を心待ちにすればいいのだろう  by山下

どうも、南国少年の山下です。いや、もう青年か。 最近暖かくなってきましたね。そのせいか雨の天気が続くようになりました。
これは日本の上空で

まだ日本に居たい寒冷前線と早く日本のみんなに会いたい温暖前線が激しくぶつかり合って

出来るものなんです。(確か)
最悪の場合はお互いの力が均等でどっちつかずな時があります。
それが停滞前線と言って(別名:梅雨前線)1週間ぐらいじめじめとした天気が続きます。
いやでも雨の日はテンション下がりますよ。寝る分には雨音を子守唄に寝たりだとか出来るけど
それ以外はもう邪魔すぎてどうしようもないですし。
しかも天気が悪いと何故だか体調が悪くなりやすかったりするし。
でもこれは天気のせいではないのです。
一番の原因は気圧です。
この気圧のおかげで頭痛になったり左目や右腕が疼いたりするのです。
僕らは基本、1気圧の世界で生活をしています。確か1013haですね。
そしてこの気圧変化によって天気が変化していきます。

高いほど晴れ低いほど曇る。

という感じに。天気予報やネットで調べると分かります。
特に台風はやばいです。970haとかなっています
そりゃ基本値の1013から970に変化したら体調だって崩れますよね。足りていないんですから。
なので天気が悪い日や台風の日に体調が悪くなる人は気圧変化のダメージを受けているということです。
こればかりはどうしようもできません。薬を飲むか天気が良くなるのを待つしか方法がないですから。
僕らはなんてちっぽけな存在なんだ。



そうそう、余談なんですが先ほど書きましたが

僕らは基本、1気圧の世界で生活をしています。

かなりの圧力の中で僕らは生活をしていますが、逆を言うと

1気圧が無いと生きていけない。

とも言えます。でも0気圧の場所なんてあるのか?
て思いますよね。実はあるんです。
そう、宇宙です。
光、時間、温度、音、様々な力が無く闇と数字では表せないほどの広い空間を持つ場所。
そこに人(宇宙服無し)がぽんと現れたらどうなるのか。気になりますよね?

では教えましょう。ただし仮説上の話なので本当はどうなるかは分かっていません。
人を実験するのは道徳的によろしくないので。

以下グロ注意















え、マジで読むの?しょうがないな。


先ほど気圧の話をしましたが気圧には色々な特徴がありましてその一つとして

場所の高さで沸点が変わる

というのがあります。分かりやすく説明すると
家で水を沸騰するのに100℃なのに山の頂上では80℃で沸騰してしまう。
というもので、なんと高けりゃ高いほど沸点が低くなってしまうのです。

これをふまえて考えるとまず

体中の血液が0気圧により沸騰し始める。

0気圧なので圧力で押さえられていたものが飛び出すまたは膨らむ。

その間も沸騰し続けるのでひどい状態になる。

沸騰するということは水が蒸発しているのでひどい状態の体から水蒸気が一目散に溢れ出る。

蒸発するということは体中の水分が無くなっていくのでどんどんしぼんでいく。

祝ミイラ化☆

となるそうです。
確か、シュワちゃんのとある映画のシーンでほぼこんな感じの場面がありました。

・・・。


てか、一体何を書いてるんだ僕は。
書いている途中にあまりにも楽しすぎて気づいたら1時間経ってるとかorz

まぁ、参考になったらそれでいいんだけどね。なるわけないけど。
スポンサーサイト

<< なりたい自分になるにわ  【BACK TO HOME】  とある日曜日の目次録 by黒澤 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。