ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先の天体。

こんにちはこんばんはおはようございます。はちこでございます。
マイノリティはちこ第二回、今回は「地球ゴマ」のお話です。

koma1.jpg
koma2.jpg

遠心力応用科学教育玩具「地球ゴマ」とは?
年齢を問わず遊びながら豊かな科学心を育てる科学教育玩具で、ご家族やお友達を楽しませるだけでなく大変面白くてためになる魅力的なコマであります。

…と、説明書には書いてありますが、要は遠心力を応用したコマであります。
私と地球ゴマの出会いは、アーティスト戸川純の歌「地球ゴマ」でしたが
その時はたいして惹かれたわけでなく、
その後いつの日かテレビで再会を果たしたとき中山少女(当時19歳)は電流を浴びたような衝撃を受けたのです。
そのとき地球ゴマは大道芸人らしきおじさまの手によって回転をかけられていて
あろうことか垂直から45度斜めに傾いたまま、まるで重力を無視するかのように回っていたのです。
地球ゴマは地に接している軸が回るのではなく、内部で色のついた円盤がジャイロ回転することで、
遠心力が働き倒れにくくなっているそうですが、そんな小難しいこと知ったこっちゃねえ。
地球ゴマは綱渡り、はたまた二段重ねなどなどまるでサーカスの曲芸師のようにアクロバティックにバランスを取り、それもわりと長い時間回っていられるのです。
そのようすは、はたまた片足で回るバレリーナのようでもありました。
とにかく見た目が美しかったのです。
まるで無重力。美しい金属の近未来的フォルム。
その上「地球ゴマ」というネーミングセンス。
すべてにおいて中山少女(現在20歳)の心を掴んだのでした。

「コマ回しなんて正月の風物詩か子供の遊びでしょ?」
なんて思ってる人、
この地球ゴマは大変奥深い遠心力応用科学玩具なのです。
ぶっちゃけ回すの難しいので子供には向いてません。
機会があればぜひ一度、その目で見て、触れてほしいと思います。



※ちなみにあべのキューズモール四階駄菓子屋で売ってます。1260円。



スポンサーサイト

<< えかきうた だいにうた「絵心をとりもどせ!!」  【BACK TO HOME】  潜入調査報告1 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。