ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていくために別に無くてもいいけどあればちょっと面白いもの。

こんにちはこんばんはおはようございます。
最近個人でもブログを始めたはちこでございます。
劇団ブログよりさらに私の日常に密着したブログ「空想科学少女8」もぜひよろしくお願いします。
ちなみにこの8は「エイト」と読むと超かっこいい!

今回は「キノコ」のお話。

の、前に!
劇団員の中でも数人から「サブカルチャーって何なのさ?」という声が出ておりましたので、
ちょこっと補足。
…と言いましても、
私自身サブカルが何なのかぶっちゃけよく分からないまま始めてしまった節があって(笑)
この場では私なりに「サブカル」を定義していきたいと思います^^

★サブカルチャーとは?
主流の文化に対する、少数派に支持されている娯楽・趣味文化のこと。主に少数派(マイノリティ)によって形成されると言われているが、実際は多くの現代の若者たちがサブカルチャーを支持しているようである。

文化の中で、ポピュラーカルチャーよりはマイナーであるが、「カウンターカルチャー」と言われる主流文化に対抗的なヒッピー等よりは逸脱度が高くないものを指す。

                  ………はてなキーワードより。

ええと、つまり、一般的なポピュラーカルチャー(クラシック音楽とか古典美術とか)に比べて、
よりマイナーで娯楽的な要素が多いものということらしいです。
よく聞くのがサブカル女子というやつ。
私の友人の間では森ガールと並んでdisられる対象になっております。
黒髪ゆるふわかパッツン前髪にでっかい伊達メガネかけちゃうイメージ。
いや、私はしてませんけども。

このブログでは
「みんなが見逃していそうなマイナーなもの・ことに目をつけて、その良さを紹介する」
というスタンスで記事を書いていこうと思っておりますので、
どうかお付き合いください^^


さて今日の本題へ。
キノコといえばみなさん御存じのしいたけやら松茸やらの菌類のことですね。
kinoko1.jpg
kinoko2.jpg

食べて美味しいのはもちろんのこと、キノコって形状が素敵だと思いませんか?
カサの裏がビラビラしてるのが気持ち悪いって人もいるみたいですけど、私は可愛いと思います。
下の写真の某マリオに出てきそうな赤に白い点々のやつはベニテングタケさんです。
毒キノコなのにヨーロッパでは幸福のシンボルになってるそうです。毒キノコなのに…。

毒キノコの中には「マジックマッシュルーム」って呼ばれているものがあって、
そいつらは幻覚や幻聴を引き起こす、いわゆる麻薬の原料なのです。
食べたら最後、一生を棒に振るようなシロモノなのですが、
「マジックマッシュルーム」っていう名前がどこかポップな雰囲気。
響きがちょっと可愛い。

そもそも、色や形は毒キノコの方が綺麗なんですよね。
ほら、しいたけとか舞茸とか松茸とかしめじとか、食べられるキノコはほとんど茶色っぽい。
赤とか黄色だと食べる気しない不思議!
中でも毒キノコ御三家と呼ばれている「ドクツルタケ」「タマゴテングタケ」「シロタマゴテングタケ」の中からご紹介するのがこちら!
kinoko3.jpg
キャー!ドクツルタケ先輩!すてきー!

びっくりするほど真っ白で、ピンと伸びた背筋がお行儀よくて、お皿みたいな傘がとっても上品。
私は彼女を「クイーンオブ毒キノコ」と呼んでいます勝手に。
実際に見たことはないけど、すごく綺麗だと思います。
こんなに美しいのに毒なんです。しかもえげつない。
食べると24時間以内に激しい嘔吐アンド下痢の応酬。
しかもその後に肝臓と腎臓がやられるという二段構えの恐怖。へたすりゃ死にます。
その恐ろしさから、欧米では「Destroying Angel」(殺しの天使)という英名で呼ばれておるようです。
かっこいいー!シビレルー!


…。


さて。
散々毒キノコの魅力を語ってきましたが、そろそろ皆さん飽きてるんじゃないでしょうか!(笑)
興味ない人にはどうでもいい。それがサブカルなんだと思います。
実際、キノコは好き嫌いが分かれるものですよね。
でももし、もしもそういう人が私の記事を読んでくれて、ほんのちょっとでもキノコって面白いな、って思ってくださったら、これ以上嬉しいことはありません。
「僕キノコ苦手だわー」っていう人、食べるのが苦手なら、せめて目で楽しんでみてください。
世の中にはキノコの魅力に取り憑かれた人がたくさんいます。
書店でキノコオンリーの写真集が発売されてる時代ですから。

サブカルチャー万歳!



※ちなみに今回この記事を書くのに調べたり画像検索したりしてたら、3時間くらいかかりました。ガチで。
スポンサーサイト

<< えかきうた だいさんうた「悪魔の絵本」  【BACK TO HOME】  ぽんぽんぺいん☆@黒木成実 >>


◆ コメント ◆

「」


ベニテングダケかわいいよベニテングダケ
私はベニーって呼んでます、勝手に。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。