ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴代ジャンク作品をふりかえってみた。

どうも!

もころです´`*

本日は題名の通り1作品目から振り返ってみましょう!!

長いです。
お付き合いよろしくお願いします。


まずは1作目。

『遺影でイェーイ!』
脚本:バケツ 演出:五味太郎

064_20120817194651.jpg


「青春は僕たちをマッハで置いていくから、
あの日の夢は月の向こうへ飛んでゆくんだ。
だから、せめてこの夜に、
汚い僕たちのために、青春を置いていってください。」

2008年 6月28日(土)

今ジャンク堂のお芝居を見に来てくださっている方や、
こうやってブログを覗いてくださっている方の中に
どのくらいの方がこの作品をしってくれているんでしょうか。

このころまだ私たちは高校生で、ただ目の前のことを一生懸命やっていました。
右も左もわからないでもなんかキラキラしてて。
ただ必死に走っていました。

バケツ君の脚本でジャンク堂と言えば私の中ではやっぱりこの作品です。

公園で「童貞万歳」と叫んでいた日々※セリフです
マドカホールと言うホールさんの会議室の角に三角形の舞台。
平台も何もなく、色の違うシートが引いてあるだけ。

いつか再演できるなら、まずこの作品をもっと多くの人に見てもらいたいですね。



2作品目

『あくうかん』
脚本・演出:五味太郎

282.jpg

ずぼしをさされて、テンパった。
頑張ったら、浮気がばれた。

2009年 3月31日(土)

画質荒!サイズ小さ!!そして全員写ってない!!
ごめんなさい。あくうかんの時の写真って残ってなくて。

まあ写真には見事に現在の団員しか写ってないですね。
不思議。

この作品はマナカと香多枝がカップル役で何ともきわどいシーンから始まるので
私はなんかすごい複雑な気分でした。

そして私のとってもはじけた役。
たぶん歴代で一番自由。

みんなマフラーしてますね。そう。稽古期間は、真冬。公園。
壮絶でした。なにより足の裏が冷えてかんかくがないない。

そして初めて舞監さんがついた公演。
その舞監さんはニシノトシヒロくんです。
実は彼の舞監デビューでもありました。


3作品目

『スロウスターとの明日唄』
脚本・演出:五味たろう

2010053021132830b_20120817202124.jpg

人より明日が遠いのは言い訳ばかりしてるから
君が立てるあと少し 僕のできるもう少し
ゆっくりうたおう 君と同じ明日がきますように

2010年
8月13日(金)
  14日(土)
  15日(日)

私がジャンク堂と名のつくもので唯一かかわっていない作品
そして
一番考えさせられた作品。

マナカぁぁぁぁぁぁぁ!!
って終わった後に叫んだのを覚えています。
彼はこの作品ですごく魅力的でした。
身内の欲目かもですが、それを置いておいてもやっぱりすてきでした。
舞台美術も立て込んでたし、まず公演日が複数あるのはこの公演が初めてで
なんか感慨深かったです。出てないのに。

この作品をみるとたろう君らしさというか、たろうくんの書く作品らしさというか
そういうのがぎゅっと詰まっている気がします。

4作品目
『僕は東京タワーを知らない』
原案:バケツ  脚本・演出:五味たろう

086.jpg

1年に3.8センチメートル
後悔のレールを今もきれいにならべてる。

2010年 
12月3日(金)
   4日(土)
   5日(日)

驚異の1日3ステ!
みんながぼろ泣きしていた公演です。

ちからが東京行ったり、役に感情入りすぎたり、見えない何かと戦ってたり…
いろいろあったんですね。

あ、私が戻っていますwただいまですw


このお話はバケツ君の持つちょっとダークなというか不思議な空気と、
たろう君の持つ優しくてちょっと切ないようなあったかいような
そんな二つのものが合わさった作品でした。

どくたーこと緑川くんやしゃんさんこと星村さんは以外にもこれが初参加なんですよ。
もっと長い気がする。

もう、2年もまえなんですね…ほほほ。



第5作品目。

『パパを尋ねず散々に。 
~誕生日祝いの待ち合わせ場所がお化け屋敷の楽屋でスタッフが素に戻ってる~』

脚本・演出:五味たろう

DSC_1310.jpg

行き違いすれ違い、仲違い思い違い
迷いながら、ここにいる。

2011年
12月16日(金)
12月17日(土)
12月18日(日)

一番新しい作品ですね。
何というか人数が多い!!!!
まずはそのイメージ。
全員で役者13人います。
ジャンク堂が劇団として動き始めた1作目。

この作品の出演者で現劇団員も多くいます。

とにかく笑って、ないて、笑って。
そんな作品でした。

私はとりあえず題名の長さに毎回困ってた(笑)
ブログ書くのも、みんなに公演教えるも、長すぎて。
つけたたろう君があいさつで毎回かむっていう。
そんなこともありました。




さて写真とともにざっと!
ほんとにざっと振り返ってみました。

各公演違った色をもっていてどの公演も大好きです。

皆さんはどの作品ご覧になられましたか?
どの作品がお好きですか?
なんか一回アンケートとかとってみたいですね!!


さてさてちょろちょろ詳細が出てきている
次の公演は

『カモフラHearts War Mingle
~4人の恋人と滞りなく別れたいのですが~』

タイトルがまた長いです(笑)

今度もたくさん笑って、泣いて、そんな作品になりそう…←
こうご期待です。

スポンサーサイト

<< マナカ は すばやさが さがった ていうか ない  【BACK TO HOME】  第十一の対話「心」 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。