ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はちこはたけのこ派。

こんにちはこんばんはおはようございます。
最近肌荒れが治らないはちこです。
なにが悪いんだろう…。
睡眠不足?食生活?ストレス?
全部か。


今回は「きのこの山とたけのこの里」のお話。
あれ?マイノリティじゃないんじゃない?と思ったそこのあなた!
今回は「きのこの山」と「たけのこの里」どちらがマイノリティか、
という観点から考えたいと思います^^

「きのこの山」とは?

きのこの山(きのこのやま)は、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子。
期間限定商品も発売されている。1975年(昭和50年)より当時の明治製菓から発売された。
また兄弟作品に、1979年(昭和54年)より製造・販売されているたけのこの里がある。


みなさんご存知のお菓子ですね。
私も子供の時からよく親しんできました。
発売開始は、たけのこの里よりきのこの山のほうが先輩のようです。

「たけのこの里」とは?

たけのこの里(たけのこのさと)は、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子。
期間限定商品も発売される。1979年(昭和54年)より当時の明治製菓から発売された。
きのこの山の姉妹品だが、売り上げはたけのこの里の方が多いとのこと。

実際ジャンク堂内でアンケートを取ってみましたところ、ほとんどの人がたけのこ派。
少数派のきのこ派であるPさんは「まじかよ」という顔をしていました。
やはり世論的にはきのこ派がマイノリティなのでしょうか。

詳しくそれぞれ調べてみましたところ、
きのこの山の特徴は、キノコの傘部分はミルクチョコレートとビターチョコレートの二層式になっており、柄の部分はクラッカーであるとのことです。
一方たけのこの里は中身はクッキー。外側にチョコレートのコーティングがかかっており、このチョコレートはミルクチョコレートとビターチョコレートの二層になっているそう。
きのこの山と比べ、内容量は若干少ない。 きのこの山に比べ、一粒のチョコレートの量は若干少ない。

…ん?
つまりひと箱につき入ってる量も、一粒のチョコの量もきのこの山のほうが多いと。
これはたけのこの里劣勢か?!

世間ではきのこ派とたけのこ派が熾烈な争いを繰り広げた「きのこたけのこ戦争」というものがあるらしいですね。
kinoko2_20120922012113.jpg
kinoko1_20120922012113.jpg


今のところやはりきのこが劣勢っぽい。
がんばれマイノリティ!
スポンサーサイト

<< 頼むから黙って、ただ愛させてくれ。  【BACK TO HOME】  てんと >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。