ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿だねぇ、実に馬鹿だねぇ

みなさんごきげん麗しゅう⊂((・x・))⊃


きゃなこでございます。


秋というかもう冬の勢いでさむいですね朝はお布団がお友達です。

もう島田家にはコタツが出てますよ。
コタツLOVE



さて。
先週はみんな大好きポケモンの都市伝説をお送りしました


今日はー…

どどどんー!


みんな大好き!

\テレレテッテレー♪/

ドラえもん


です!
ドラえもんはみなさんご存知でしょうか?
知らない方はググるか周りの人に聞きましょう



•**••**••**••**••**••**••**•


Case 1. 『行かなきゃ』


オープニングも無くいきなり映像が始まって、真っ黒の背景の中のび太が一人で歩いている。
その映像が10分程続き、その後やや振り向いてのび太が一言「行かなきゃ」と言う。
そこで映像は終わり、エンディングも流れない。

〈他説〉
真っ白い階段のような道を、スケッチブックを持って歩くのび太。
追いかけて来たドラえもんが「もう、行ってしまうんだね」と言い、振り返ったのび太が「うん、もう行かなきゃ」と返す。
のび太のキャラ絵がアニメ調の藤子先生に変わり、ドラえもんが「ありがとう」、藤子先生が「こちらこそ」。 お互い微笑む。
真っ白な光が強烈に差して画面はホワイトアウト。 そしてCMへ。



これは「ドラえもん」の原作者である藤子・F・不二雄先生が亡くなった、
1996(平成8)年9月23日に放送されたという謎の回(映像?)。

内容がいくら何でも出来過ぎだったり、そもそもこの日は「ドラえもん」の放送日である金曜日ではなく月曜日だったり・・・
如何にも都市伝説ですと言わんばかり感じですが、この話の特徴は「実際に見た(或いは見たかもしれない)」とする人がかなり多い事。


また更なる他の説として、
●放送されたのは藤子先生が亡くなる前だった
●背景は真っ黒ではなく真っ白だった
●背景には普通の住宅街が描かれていた
●藤子先生の追悼特番で流れた映像である
●追悼番組内の似たような映像を勘違いしているだけ
●テスト映像が中途半端に流れただけ
●キャラの配色がメチャクチャだった
●「行かなきゃ」の台詞の際のび太は泣いていた
●放送されたのは深夜でなくゴールデンだった
●モノクロの映像だった


この場合「藤子先生の追悼番組内で流れた映像だった」という説を採用すると、
如何にも~な内容、放送が金曜日でない事への説明が付きます。

しかしそれならそれで、映像がネットに上げられていても良いような気も・・・・・・

•**••**••**••**••**••**••**•



これは結構有名じゃないでしょうか?

あたしが最初に出会ったドラえもんの都市伝説です。


確かに、ほんとにこれが放送されたのなら、映像が残っていないとおかしいですよね?
なんで、幻扱いされてるんでしょうか。




•**••**••**••**••**••**••**•


Case 2. 『タレント』






雨の降る校庭で、のび太が傘を差しながら「地下世界の商店街へ行きたい」と、ドラえもんに頼む。
2人は空き地で通り抜けフープのような道具を使い地底へと飛び込む。
着いた先は地底とは思えないような明るい空間だったが照明は無い。
そこでベレー帽を被った少女が、のび太とドラえもんに赤い封筒 ・ インク ・ 鉛筆を手渡し、何処かへ消える。
2人が少女の後を追うと、警官のような妙な人達に「君達は撮影か、撮影ならアチラだ」と案内される。
木琴のような板が並べられている通路の先に行き着くと、その先に大きな地球儀が置いてある。
するとその地球のミニチュアはパックリと割れ、中から黒い血のような液体が流れ出す。
それを見て2人は驚き、震えて抱き合って終了。

〈他説〉
のび太の部屋で、いつも通りのび太とドラえもんが日常会話をしている。
するといきなり空地に場面が飛び、見慣れないキャラクター3~4人と居合わせる。
更に場面が飛んで今度は商店街へ。
またしても見慣れないキャラクターが登場する。
日常会話(?)を交わし、そして終了。



恐らくこれは最終回に関する物を除けば、最も有名な「ドラえもん」の都市伝説でしょう。
「タレント」とは、1984(昭和59)年7月20日(金)に放送されたという謎の回。
※説によっては放送されたのは1983(昭和58)年9月16日(金)だったとする場合もある

しかしその日実際には「のび太の童話旅行」と「四次元ポケットのスペア」という話が放送された事になっています。

またタイトルも「タレント」ではなく、
●「ビタレント」
●「ノビタレント」
●「ノビタレントゲン」
と諸説があります。

ちなみに正式タイトルが「タレント」であった場合、
上の画像のように「死ネ」という語句の一部になるとする向きもありますが、これはいくら何でもこじつけではないかと・・・w


これも 『行かなきゃ』 同様、「見た」とする人が多いのが特徴です。

しかし個人個人で見たとする内容がどうにも一致しない事から、
●偶発的な放送事故による映像の乱れ
●一部地域での電波障害による映像の乱れ(の話が拡散された)
●似たシーンのある映画の宣伝CMの見間違い
●そもそもガセ

この内4番目の説のように、今ではこの話の存在はガセであるという意見が主流です。

•**••**••**••**••**••**••**•



うーん、これはよくわかんないですね。
なんでタレントなんだろ。

撮影だからかなー。


画像なんですけど、ごめんなさいなんか載せれなかったです(´・_・`)

タレント
がなんか 死ネって読めるっていう画像でした。

でもなんかこれ載せれなかったのも怖いな(´・_・`)なんでー?




どちらもやはりガセなんでしょうか。
都市伝説はその辺が曖昧な感じが好きです)^o^(


信じるか信じないかは
あなた次第です!!!!!笑



今日のコピペはこちらからいただきました。
http://apg.blog3.fc2.com/blog-entry-2001.html



では!おつかれさまでしたっ
スポンサーサイト

<< 第16の道「環状線高架下(大阪~天満を少し)」の道by黒澤  【BACK TO HOME】  ジャガーさんはすごい人 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。