ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立ゴミ学園 3時間目「社会」 by五味たろう

マリーアントワネット

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」


などの発言や悪評は、そのほとんどがデマや反対派の誇張だとされる人物。

ただ、子供を生むまではギャンブル好きだったり、享楽的で移り気な性格だったため、浪費家であったことは本当のようだ。

それでも国の経済を一人で圧迫できるハズもなく、むしろ宮廷内で貧困にある者のためのカンパを募ったり、子供らにおもちゃを我慢させるなどもしていたそうな。

母親としては良い母親であったようで、無人だった離宮を与えられてからは、そこに家畜用の庭を増設し、子供を育てながら家畜を眺める生活を送っていたという。

注目していただきたいのは彼女の外見的な美しさ、スペックである。

身長  154cm
腰    58cm
胸    109cm
外見 たまご型の輪郭白い肌豊かな金髪、特に身のこなしの優雅さでしられ

趣味 ドレスを着ること(当時ファッションリーダーだった)、入浴、香水
特技 バレエ、スピネットやハープの楽器演奏


このようにハイスペックロリータなのである

ギロチンで首を切られる前の最後の言葉も優雅で、
死刑執行人の足を踏んでしまった際に発した
「ごめんなさいね、わざとではありませんのよ。でも靴が汚れなくてよかった」
だったと伝えられる。


どうでしょう?
多くの人がもつイメージとかなり違っているのではないでしょうか?

何年か前にも映画化されていましたよね。

それだけ、実際的には魅力的な要素をもつ人物なのです。

気になった人はDVDとか借りるといいかもね。


それではこのへんで

キーンコーンカーンコーン
スポンサーサイト

<< メリークリスマス  【BACK TO HOME】  カモフラちーぃーむB!! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。