ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24の道『枚方宿・後編(枚方宿の西見附~東見附まで)の道』by黒澤誠

3月なのに寒い日が続く…そんな事を思う
黒澤です。

今回はその名の通り「後編」、
前回散歩した『市立枚方宿鍵屋資料館』の続きからです。

-----------------------------
【前回のおさらい】
枚方公園駅近くにある
『枚方河川公園』『市立枚方宿鍵屋資料館』を散歩し、
そこで当時の市周辺の街道・宿場の事を学び、
「当時の街道を少しだけでも散歩してみよう」となるのだった・・・。
-----------------------------


さて、江戸時代この付近は大阪街道(京街道)が通っており、
今でいう枚方公園駅付近から枚方市駅付近を「枚方宿」と呼んでいました。
この枚方宿と呼ばれた宿場道には、西側は当時は「鍵屋」と呼ばれる宿場があり、
東側は、現在は枚方市駅があります。
東西それぞれの端には「西見附」「東見附」と呼ばれ、目印として小さな石碑があります。

今回は、前回行った鍵屋資料館(西見附)から枚方市駅(東見附)まで散歩し、
そこで見つけたちょっとしたお店を2件ほどご紹介しようと思います。
距離にして約1、5Kmの道のりです。

では散歩に行きましょう~!!

13-02-23_119.jpg
ちなみに画像は「堤町」と書かれていますが、
この裏側に今回のスタートである
「西見附」の名が書かれていました。


『塩熊商店』
13-02-23_079.jpg
13-02-23_081.jpg

ブリキのおもちゃから、ちょっとした家具系の装飾品(ドアノブや物をかけるフック)、
木製のちょっとしたトランク型の小物入れなんかも販売している雑貨屋さん。

コチラ、お土産に買った羽ペン(ボールペン型)
13-02-23_104.jpg
13-02-23_105.jpg
実は羽には「Good Luck」と書かれているんですよ。
ちょっとしたプレゼントにいかがですか?

また、商品を英字新聞に包んでくれてオシャレです♪


さて、この枚方宿、所々にこんなものがあるのです。
13-02-23_064.jpg
13-02-23_070.jpg
道案内の目印でもある石碑と、過去の枚方の町並みが乗っている看板。

また、西見附から東見附までの道が、
13-02-23_113~001
・・・見えにくいですね(>_<)
実は、街道と他の道の区切りとして、
路面が『薄いオレンジ色』で区切られているのです。
なので、方向音痴な方でも安心して散歩できます(きっと)


『あかつき本舗 呼人堂』
13-02-23_088.jpg
明治40年創業のお店で、枚方市駅から徒歩5分の所にあり、
色々とメディアにも取り上げられたかなりなお店。

たまたま入ったお店がそんなお店だなんて「ラッキー♪」と思いながら、
おやつ用に、ノーマル味の「暁」と「生クリーム入り」を購入。
13-02-23_106.jpg
味の方は、ほんとに美味しい♪
良い感じのアンコの甘さで、散歩での疲れも吹っ飛ぶくらい。
定期的に食べたくなるほどの美味しさでした。
生クリーム入りもGoodです。


そして、枚方市駅に到着。
駅下にある広場にもこんな看板がありました。
13-02-23_096.jpg

ちなみに、枚方市駅下には・・・
13-02-23_097.jpg
こんな石碑がどこかにあるのです。
もし枚方市駅に来る機会があれば、探してみて下さい。


そして、ついに東見附に到着!!
13-02-23_108.jpg


大阪街道自体はまだ続きますが、今回はここまで。

身近な土地を改めて散歩をするというのもいいものです。

ではでは2週間後に♪
スポンサーサイト

<< 第25の道『牧野にある公園散歩の道』by黒澤誠  【BACK TO HOME】  うちの団員の日記が面白くて僕は日記が書けない by五味たろう >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。