ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

7/26稽古日誌by黒澤誠

どうも。
7月26日の稽古日誌の黒澤です。

この日は基礎稽古の日
(五味さんによるテキスト稽古)
でした。

『テキスト稽古』といっても、
使用するのは過去に五味さんが書かれた脚本で、
前回のテキスト稽古の時にも使用されたものです。
(今回は、前回やったシーンの続きの部分からでした)


アップ終了後ののち
(黒澤は遅inだったのでここから合流)、
この日は、このテキスト台本の
とある1シーンを使用しての稽古。


ちなみに先にテキスト稽古の流れだけを書きますと、
1:【円になり、その1シーンを読み】

2:【台本を持っての半立ち稽古】
・行う前に、出はけや動き・小道具等の確認をしておく。
・その1シーン分を止めずに通す。

3:【キーポイントを押さえての、台本を離しての立ち稽古】
・キーポイント(物語の進行上で大切なポイントや必要な行動、小道具など)を
 順番を追っておさらいし、そのキーポイントを踏まえ、台本を外して通す。
・これも途中で止めずに1シーン分通す。

4:【もう一度ポイント等を再確認し、立ち(通し)】
(※2~4の間に、五味さんからの演出あり)

でした。


率直な感想として、
「純粋に楽しかった」です。
そして、
「基礎稽古の日」とはいえ、
なんだか感覚的には
「本番用の稽古」をしているかのような感覚でした。


というのも、稽古で使用したシーンが、
「怒る」「掴み合う」「泣く」といった、
感情の起伏が激しい場面だった・・・というのもありましたが、
それ以上に「そこに皆の感情が(良い意味で)上手く乗り合った」
・・・そう感じたからです。


上手く感情が引きあがり、
そこに自然に反応し、
更に他の人の感情が乗っかり…


良い形での相乗効果とでもいうのでしょうか。
それこそ、
「これが本当の公演用稽古の時に出れば・・・」
そう思ってしまうくらいに、色々と感じられたのです(笑)


勿論、反省点も多々あります。
(主に黒澤ですが(泣))
また、単純に「楽しかった」の一言だけでもダメな時もあると思います。

でも、それら全てをも含めて、
『楽しかった』のです。


怒ったり喧嘩したり泣いたり…。
決して大笑いするような場面があった訳ではありません。
(序盤はありましたが)

なのに「楽しかった」と思える、感じられる。
そんな稽古の雰囲気と、皆の感情の上がり具合、
何よりもそれらを純粋に感じられた。
…そんな一日でした。

黒澤的には実質稽古場に居たのは約2時間位でしたが、
とても中身の濃い稽古でした。


ではまた。
スポンサーサイト

<< まさに人類みな兄弟状態@山下  【BACK TO HOME】  パラレルワールド的な@山下 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ