ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

僕自身はまだまだだけども  by五味太郎


パンはパンでも空を飛ぶパンは パーンダ! ∩(・(エ)・)∩

はろあー、太郎さんが久しぶりに登場だっひょおおおおおう!!


太郎「今日の日記誰やったっけ?(僕のハズ。ドキドキ)」
えだ「今日は一周まわって……」
太郎「……僕は?」
えだ「あ」

そんなことがあった。
僕の存在^-^

^-^-^-^^-^

本日はモコがいないのでそれを利用し、メインの二人に頑張っていただいた。
いやぁ、飲み込みが早くて助かるのなんの。

役者には2パターンある。
ひとつは形から入り、そこに気持ちをつけてしていくタイプ。衣装からそれっぽくしたり、自分で考えた動きに自分の体をなぞらせたりする人がこれにあたる。

もうひとつは気持ちから入り、体は流れに身をまかせるタイプ。気持ちを表現する前に内臓を動かしたり、相手に身をまかせるのがこのタイプだ。

そしてお芝居にもこの2パターンがある。極端な例を出すと、劇団四季と吉本新喜劇といえば一番ニュアンスが伝わるだろうか。
そして言うまでもなく僕のお芝居は後者である。上面(といえば悪い言い方かもしれないが)でセリフをはけばすぐわかる。そういう時には「出る言葉はなんでもええねん。その気持ちだけを持ってもう一回言ってみい」とアドバイスすることにしている。
まあ、えだちゃんが形から入るタイプの役者(というよりはこれまでそうしてきた感じ)だからちょいちょいこゆこと言って、こっちの芝居に合わせさせるんだけど、これがまたいい演技をする。多分マナカもえだちゃんも得意とするのはこっちだろうと思う。優ですらそうだったし。(アイツは修正てこずったが)

とにかく二人の飲み込みが早いというか、なまじ形から入る演技が微妙(ゴメン)すぎるわりにリアルな演技はハマる分のギャップがすごくて。集中力も高いし。おっちゃんマネできないよ……。

てなわけで本日しおちゃんは僕のサポート。と言っても出番は全くなかった。風で軽くめくれるシートとか直してくれてた。役者、というよりはヒトツのものをつくる仲間はこういう細かい気配りができてほしいものだ。こことっても大切。

時間はありあまっていたのでいつもより丁寧にすすめ、僕の持論で申し訳ないけども蛇足な芝居に役立つお話もいつもよりたくさん混ぜつつやりました。普段前から見る機会はあんまりないやろうし、しおちゃんにはいっぱい勉強して帰ってもらいたいですね。ちょっとは役だてば幸いかな。

あ、あと僕、FMのラジオでこの『あくうかん』を宣伝するかもしれません。あくまで『かも』です。詳細わかったら大きく宣伝しますねー。

それでは皆さん、ばいにぃ!
スポンサーサイト

<< ぴっちぴっちって言ってたら… by五味詩織  【BACK TO HOME】  ここからが本領発揮だ! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ