ジャンカーNo

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オゾS Story.6【おぞじょ.vol1】 by.マナカ

今回のテーマ
「簡潔に」



オゾ女!!

こちらから借りたお題!!

連載はじめました!!

http://odai.ninja-x.jp/


留意点!!

・オゾケ の二次創作SSになります。
 そういうの苦手だぜって方は全力で回避を!


・閲覧の際は、読者様ご自身のイメージや理想を著しく崩す可能性がございます。
 そちらをご承知の上で先にお進みください。

・「学園パロディ」と呼ばれる、キャラクターを「もし学生だったら?」という視点で創作したものです。
  そういうのマジ無理!! って方はご注意をば!!

やで!!

あ、あと、今回から仕様ちょっと変えてみました!

お楽しみ頂ければ!! 001. 始まり


「ふぁぁ……ダルい……眠い……行きたくない……バックれようかな……入学式だけど」


「いっけなーいちこくちこくー!」


「は?」


ドンッ



「っつ……」


「あたたー」


「あ、え、と……あ」


「ちょっ、どこみてんのよーっ」


「……は?」


「あめがスカートの中に短パンを履いていなかったら即死だったよ!」


「え、なにが、ていうか誰が?」


「命拾いしたね!」


「えっ、イチゴが死ぬとこだったの?」


「はっ! こんなことしてる場合じゃない! いっけなーい! ちこくちこくー!(バタバタ)」


…………



「なに、あれ……うちの生徒だよね……始業ベルまで30分以上あるけど」






002. 桜のはなびら


「なんか朝から変なのに 出くわしちゃったな……入学早々……ううん、入学前から縁起の悪い
 あんなのがたくさん居ませんように……ん?」


「や、やっぱり怖いよ……」


(何あれ……虫かご? に話しかけてる……?)


「ノリコちゃん……無理だよ、マンモスうれぴくないよ……
 マナブくん、そんな、オシオシでなんて行けないよ、私こんなだもん……
 マキハラノリユキくん、私どうすればいい……? え、いや、この学校には男の子はいないよ、女子高だもん
 マコーレカルキンくん……わ、わぁぁ、えらいことになってる……エサあげすぎたのかなぁ……」


(…………やっぱり公立受ければよかったかな)






003. 教室


「えー、これから一年、みなさんのクラスを受け持つことになりました佐藤です
 たぶん僕なんて何の役にも立たないどうしようもない先生だと思いますが
 でも、教員会議の結果僕がやることになりました。僕しかやる人がいないのでやるしかありません
 よろしくお願いします」


「なんかあの先生ガイコツみたい。ね、大福。ね。ガイコツ」


「ど、どうしよう……やっぱり怖いよ、フジオカヒロシくん……」


「zzz...zzz...」


「わーい!楽しいクラスになりそーっ!!」


((…………このクラスダメっぽい))






004. 新しいこと


「む、ムース……よかった、同じクラ スで……」


「そうだね、私も同じクラスでホッとしたような、このクラスで同じになってしまった事にヒヤっとしたようなだよ」


「……ムース、髪切った? あと、お化粧も」


「あ、分かる? ふふーん、どうどう?」


「う、うん、あの……かわいいと、思う……よ」


「なんか、そういうしゃべり方だって分かってるからいいけど。
 あたしがすごい言いにくいこと言わせてるみたいだねこの図……」


「そ、そんなことないっ、よっ……」


「ごめんごめん」


「でも、珍しい、ね……? 中学の時はあんまり、そういうのはしてなかったから」


「新しい門出 だから。出来るだけ新しい出会いは期待できるようにしたいじゃない?
 もしかしたら入学初日に王子様に出会うことだってあるかもだし……!」


「……ムース?」


「ん?」


「ここ、女子高だけど……大丈夫?」


「え? あっ」






005. 努力と根性


「はい、じゃあ、一週間前にした学期始め学力確認テストの結果返します」


(なんで入学した三日後にあんなテストするんだろ……おじいちゃんのバカ)


「すごーい!大ちゃん、学年一位だー!」


「いやいや、そんな」


「すごいでしょ!!」


「どうしてタルトがいばるの……ていうか、タル トはどうだったの」


「う、うっさいバーカ!」


「……よくなかったんだね」


「この学校って私立だけど、受験結構大変だったでしょ? タルトちゃん大丈夫だったの?」


「……この学校来るために、必死に勉強したから……その時だけは」


「不思議だったんだけど。なんでタルトはこの学校にそんな来たかったの?」


「っ、バーカ!!」


「?」






006. 友達


「はい、じゃあ今から班を決めますので、好きな人となんとなく一緒になってください
 多すぎたり少なかったりしたところは先生がてきとうに調整するので……
 不服はあるかもしれませんが、それは先生に言っ てきてください
 それを言われても先生は仕方ないと思ってます」


((…………))


(……はァ、どうせ余りものメンバーになるんだろうな……別にいいけど。イチゴも自分から行かないし)


「せんせーい! イチゴちゃんはあめと同じチームで!」


「……は?」


「はい、そこ二人おなじチームで」


「え、ちょっ、なんで」


「またまたー! イチゴちゃん、あめとパンツを命がけで見合った中じゃない!」


「誤解しか招かない言い方やめろ!」


「……仲いいなぁ。入学して一か月経たないのに、すっかり友達だね二人とも」


「はーい!!」


「ちがいます!!」






007. 大切なもの


「ど、どこ行っちゃったんだろう……この辺に置いてたはずなのに……あれ?あれ?
ノリコちゃん、マナブくん、マコーレカルキンくん……」

「あの、君」


「ひぃえうぇあああ!!」

「あ、すまない、そんなに驚くとは」


「え、あ、そ……こ、こちらこそ……」

「もしかして、これは君のかな?」


「え……み、みんな!」

「ああ、やっぱり君のなんだね。すぐそこに落ちていたから拾っておいたんだ。たまには散歩もしてみるものだね」


「あ、あの……あ」

「大事なものなのかい?」


「え、は、はい……とても……」

「そうか。良かったよ。君の大切なモノを見つけてあげられて」


「はい……」

「それじゃあ、僕はこれで……」


「え、あ」

…………



「誰、なんだろう……やさしくて、いい人……」






008. 徒競走

体力テスト
種目:100m走

1位.イチゴ
2位.大福
5位.あめ
19位.ムース
26位.タルト
37位.ちよこ(最下位)


「イチゴちゃんすごいね。自分でも結構自信あったんだけど、全然敵わないや」


「別に、これくらい普通」


「あー!イチゴちゃん褒められて照れてるー!嬉しいんだー!」


「……照れてない」


「あめこれ知ってる。ツンデレって言うんでしょ!ね、イチゴちゃん」


「デレてない……っ!」


「イチゴちゃん、照れンス・リーだね!」


「……わけ、わかんないこと、言うなぁぁぁ!!」


「わあ! 怒った怒ったー!つかまえてごらんなさーい」


「キィィィィ!!!」


「……あめちゃんの方が足遅いはずだよね?イチゴちゃん全然追いつけない」


「まあ、あめちゃんどこまで本気か分からないから……色んな意味で」






009. 眼鏡


「そういえばムース……その、眼鏡は外さなかったんだね?」


「あー、やっぱりそこ気になる?うん、ちょっと迷ったんだけどね」


「あ、あの、メガネがダメとか、そういうのじゃなくてねっ……」


「あはは、分かってるってば。いやまあでも、それはそれでいいかって」


「?」


「シンデレラだって、最初から綺麗なドレスやガラスの靴を履いてる訳じゃないでしょ? 」






010. 屋上


「はぁ、疲れた……もうなんなのアイツ……お腹すいた……購買でパン買って屋上で食べよ」

…………


「あ、イチゴちゃんだー!」


「…………」


「あははー!イチゴちゃん福笑いで失敗したみたいな顔になってる!おもしろーい!」


「なんで……いるの?」


「空が青いから!」


「……あ、はい」


「うん!」


「……え、おわり?」


「うん!」


「…………」


「イチゴちゃん!一緒にご飯たべよー!」


「いや……」


「えーーーーーーーーーーーー」


「って言っても、そんな風に許してくれないんでしょ」


「やったぁ! ね、ね! ムースちゃん達も呼ぼうよー!」


「……好きにすれば」


「うっほほおーい!」


「ハァ…………」



まあ、仕方ないか

空、青いし



------------




「…………僕の貴重な静かに食事を出来る場所が」






fin.
スポンサーサイト

<< 本番×ま×でbyうちこ  【BACK TO HOME】  気づいたらもう……。by山田 >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。